My Headlines

2011年3月18日金曜日

東海地震: 静岡のアキレス腱

Check

もう3日前になりますが静岡県富士宮市で最大震度6強の地震が発生しました。「地震に強い」と呼ばれている静岡なためか被害は最小限で済みました。

しかし、実際にM8.0級の東海地震が来た場合、当然甚大な被害が予測されます。データは少々古いですが「中央防災会議・東海地震対策専門調査会」が算定した被害予測数値は下の表の通り。

死者数 (※朝5時発生)
揺れ約6,700人
液状化死者は発生せず
津波住民の避難意識の程度により
約400人 ~ 約1,400人 
火災(風速 3m の場合) 約200人
(風速 15m の場合) 約600人
崖崩れ約700人
合計約7,900人 ~ 約9,200人
(参考)予知情報に基づく警戒宣言が発令された場合、事前の避難・警戒
行動により、最大ケースの場合約 9,200 人から約 2,300 人に減少

今回の東北関東大震災と簡単には比較できないが、死者数だけで見れば同規模のものと予測されている。しかし、宮城県が予測していた「宮城県第三次地震被害想定調査結果」が今回の被害と大きく異なることを考慮すると、上の数字より遥かに大きい被害になる可能性は十分にある。しかし対応次第では被害を最小限に留めることできるので故郷である静岡県には引き続き防災訓練に励んで欲しいと思う。

今回は東海地震時に個人的に気になる「静岡のアキレス腱」の紹介です。

1.浜岡原発

福島原発があの状況になれば、当然、トラブル続きな上に震源地予想範囲にある浜岡原発も心配になります。問題の詳細はウィキペディアに任せてここでは省きますが、先程の「中央防災会議」の想定震源域と震度分布、津波波高分布が下の通りなので浜岡原発が無事で済むわけないです。


浜岡原発の位置

大きな地図で見る


東海地震の新たな想定震源域と震度分布


津波波高分布
黄色は3~5m、赤は5~10mの高さ


海からの吹上もあって風向きは南南西や西南西であることが多いので関東圏はもちろん静岡以北の方々には是非福島原発以上に注目してほしい原発でもあります。


2.輸送路の寸断

静岡県は地形の問題上、幹線網は東西にしか伸びていないので補給路が寸断される可能性が非常に高い。浜松や沼津周辺は隣県からの輸送が期待できるが静岡と清水が孤立する恐れがあります。西からの輸送路は藤枝・焼津辺りで、東からの輸送路は由比辺りで途切れると思う。

特に由比は下のように幅200mの平地に東海道本線・東名高速道路・国道1号線・県道、少し離れたところに新幹線とほぼ全ての輸送路が通っている。東海道五十三次にもある「由比宿」と言えば分かりやすいかも。東海道を車や電車で移動したことがある方なら片手に駿河湾、もう一方にみかん畑の山腹に挟まれた風光明媚な場所を通ったことを覚えているかもしれませんが、そこです


静岡県静岡市清水区由比

より大きな地図で 静岡県静岡市清水区由比 を表示


ここが寸断されると静岡のみならず東京・関東が受ける被害も甚大じゃないかと思う。という訳で静岡にとっては海岸線から離れた北方を迂回する輸送路の確保が何よりも至上命題です。

小泉元首相が第二東名建設凍結を実施した時に多くの静岡県民の恨みを買ったこともあって小選挙区で自民党議員は全滅します。もっとも静岡県民が民主好きかって言うと違うんだけど。

ちなみに第二東名の御殿場引佐間は来年2012年に開業するので皆さん是非ご利用下さい。



今回の富士宮地震では、すわ東海地震か!と構えたら「ただの余震です」と公式発表が出たので直ぐに寝床に戻った静岡県民は多かったと思う。40年前から「大地震が来る!」と叫ばれ続けて、やれ耐震基準がどうのとか、毎学期の避難訓練でストップウォッチ持った教頭に「いまのタイムだったら君たち死ぬよ」とか言われてたら、まあそうなります。物件を選ぶときも家賃より耐震性を基準にする静岡県民は多いです。

最後にいつ来るかわからない東海地震に振り回されて自嘲気味になった静岡県民の気持ちを代弁したローカルCMの紹介です。


セキスイハイムのCM「東海地震+神様」シリーズ





死ぬまで生きろ!死ぬまで生きろ!
ソウル・フラワー・ユニオン

バウンディ 2010-06-30
売り上げランキング : 63484

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ブログランキングに参加しています
応援宜しくお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿